タバコを吸う方必見!黄ばみの原因第一位「ヤニ」の落とし方

タバコを吸う方必見!黄ばみの原因第一位「ヤニ」の落とし方

 

愛煙者の皆様を悩ませる「ヤニ」。タバコは吸いたいけど黄ばみが気になる…という方は多いのではないでしょうか。今回はタバコによる黄ばみの原因と、黄ばみを取る方法についてまとめていきたいと思います。

 

 

タバコによる黄ばみの原因

 

「ニコチン」は誰もが一度は耳にしたことがありますよね。このニコチンこそ、歯がきばんでしまう原因なのです。

 

タバコに多く含まれているニコチン。ニコチンはとても厄介な物質で、実はコーヒーや赤ワインなどに含まれる色素よりも強いのです。

 

そのため、歯に染みつきやすく取れにくいのです。その上、タバコのヤニは歯の表面に付着することでステインという物質に変化します。なんとステインは一度ついてしまうと通常の歯磨きでは落ちません。こうして蓄積してしまうことで、黄ばみに繋がってしまうのです。

 

ちなみにこのステイン、タバコのヤニだけではなく先程もあげたコーヒーやワインなのの生物のほか、カレーのような色の濃い食べ物を食べることでも歯についてしまいます。よくコーヒーやさんで喫煙ルームが設置されているのを目にしますが、あの空間でコーヒーとタバコを楽しんでいる人々の歯の黄ばみが非常に気になって仕方がありません。(余計なお世話ですが。)

 

 

タバコによる黄ばみを取る方法

 

一度ついてしまった黄ばみは2度と取ることが出来ないのでしょうか。

 

 

答えは「ノー」です。

 

では具体的に何をすれば良いのでしょうか。

 

タバコのヤニ汚れに気が付いた時、無理やり歯をガリガリと削ることは絶対にやめてください。確かに多少は黄ばみが取れることを実感出来るかもしれませんが、例えば金属などの硬いものでガリガリと削ることで、歯のエナメル質が確実に傷付きます。

 

無理やりヤニを取るのではなく、こまめに徹底的な歯磨きを定期的に行って下さい。ポイントは少しかためのブラシの歯ブラシを選び、ホワイトニング効果のある歯磨き粉を使うこと。歯の表面には通常細かいデコボコがあります。

 

そこに入ってしまった色素がヤニとして認識されるのですが、完全に防ぐ事はやはり難しいです。例えば喫煙時のみマウスピースをはめる…という事ももしかすると有効かとは思いますが、少し現実的ではありませんよね。マメな歯磨きが原始的ではありますが、とても有効な黄ばみ予防となるのです。

 

それでも一度ついてしまった黄ばみは手強く、なかなか落ちないかもしれません。その場合は定期的に歯医者さんに通い、歯のクリーニングをお願いしてみましょう。

 

クリーニングとは、歯の表面に沈着した汚れや歯石などを取り除くことです。一方、ホワイトニングは歯の色素を分解して歯そのものの色の を白く漂白する事を言います。本来の歯の白さを取り戻すのがクリーニングだとすれば、本来の歯よりも更に白くするのがホワイトニングというわけです。

 

ホワイトニングとなると費用も弾みますのでまずは自分で出来ることを試し、次にクリーニングに通う。ホワイトニングはどうしても黄ばみが落ちず、なお汚れが気になる場合の最終手段と考えて良いでしょう。

 

 

まとめ

 

一度付いてしまうとなかなか取れないヤニ。

 

まずはヤニ汚れが定着しないようタバコの後はこまめに歯磨きをしてみたり、それが難しいのであればうがいだけでも必ずするようにすることで何もしないよりはだいぶ黄ばみ予防に繋がります。自体で出来る黄ばみを取る方法は、歯を白くする事ではなく、汚れてしまった歯を綺麗にする事です。

 

まずは「ヤニ=汚れ」だという事を理解し、しっかりと汚れを落とすホームケアを取り入れてみましょう。その後で確実に効果を得たい方は、歯医者さんでのホワイトニングを受けてみるのが良いのではないでしょうか。