ネットで噂の裏ワザ!綿棒で歯の黄ばみを除去できるってマジ!?

ネットで噂の裏ワザ!綿棒で歯の黄ばみを除去できるってマジ!?

 

ホワイトニング歯磨きでネット上の口コミは

 

誰もが憧れる真っ白い歯!歯医者などでホワイトニングするのもいいけれど、審美歯科などではかなりの費用負担になります。できれば自宅で行う普段の歯磨きで歯が白くなるのであればとても嬉しいですよね。そんな人におすすめの歯を白くする効果のあるホワイトニング歯磨き粉についてネットの口コミ情報はどうなっているでしょう。

 

ホワイトニング歯磨きの代表的なホワイトニング用成分は以下の通りです。

 

 

・ハイドロキシアパタイト(ヒドロキシアパタイト)・シリカ・ポリリン酸ナトリウム・ピロリン酸ナトリウム・PEG‐8(マクロゴール400)・PEG‐600(ポリエチレングリコール600)など。まずは成分を確認しましょう。ホワイトニング歯磨きに一般に言われる研磨剤ではなく清掃剤とも呼ばれる成分も含まれています。

 

 

粒子の大きな研磨剤はホワイトニング以前に歯を傷つけてしまうこともあるので注意が必要です。

 

ではどんなホワイトニング歯磨きが人気になっているかといえば「セッチマはみがき スペシャル」この歯磨き粉にはシリカと炭酸カルシウムという清浄剤が入っていて、これらには歯についた黄ばみを落としてくれる効果があります。他にも「アパガード プレミオ」この商品の最大の特徴は、独自成分のナノ粒子「薬用ハイドロキシアパタイト」を配合していること、「薬用ハイドロキシアパタイト」は、エナメル質に対する3つの作用で、虫歯を予防しながら歯を白くしてくれるのです。

 

もう一つ評判なのが「オーラパール 薬用ハミガキ オーラパール」この歯磨きの特徴は、歯を修復しながら本当の白さを取り戻すことにあります。歯が白く見えるのは、エナメル質の下にある象牙質が透けて見えるからなのですが、エナメル質に傷があると黄ばんで見えてしまいます。オーラルパールはこのエナメル質のミクロサイズの傷をなくして、歯の表面をつるつるにしてくれます。以上ネットの口コミで評判のよい三つを紹介しました。

 

 

意外や意外!歯ブラシではなく綿棒で汚れを落とす方法

 

ホワイトニング歯磨きが優れたものでも、ホワイトニングの方法を間違えるとあこがれの白い歯にはなりません。では、どうやったらよいか?皆さんは、歯の着色汚れは歯ブラシでゴシゴシ落とすイメージがあると思いますが、正直、歯ブラシでは効率が悪いし歯にダメージを与えてしまう可能性もあるんです。

 

ではどうやって歯の汚れを落とすか? ”綿棒”を使って落とすのです。綿棒は本当にすごいですよ。

 

例えば、窓ガラスについている汚れをあなたはどうやってきれいにしますか?

 

デッキブラシでごしごし擦りますか?デッキブラシより雑巾で拭いたほうが効率が良いですよね。

 

 

歯についた汚れを歯ブラシで落とすのは窓ガラスについた汚れをデッキブラシで取ろうとしているようなものなんですよ。さらにもっと汚れを取ろうとして重曹などを研磨剤を使った場合デッキブラシでゴシゴシやったら窓ガラスにキズが付く可能性があります。これは研磨剤入りの歯磨きをつかって汚れを落とすのと同じことになります。

 

そして歯のキズに入り込んだ着色汚れは本当に取りにくく最悪の場合汚れが深く染み込んで一生取れにくくなってしまう可能性もあります。歯はキズついても再生できないですし歯医者でホワイトニング出来たとしてもそのキズからまた着色汚れが染み込んで黄ばみの原因になリます。だから「綿棒」なんです。綿棒の存在を知ってしまったらもう最後、歯ブラシなんかで着色汚れを落とそうとしてた自分がどんだけ無謀なことをしてたんだと思い知りますよ。

 

口コミで評判の良いホワイトニング用の歯磨きを綿棒につけて歯の表面を磨くと驚きの効果です。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?ホワイトニング歯磨き粉とひとえに言ってもこれだけ違うものです。そして、歯の磨き方によってもホワイトニング効果は変わってきます。効果が十二分に発揮できる製品と方法で白い歯で自信を持って笑える日が皆さんに来ますように。