「ついつい食べちゃう・・・」歯の黄ばみの原因になり得る食べ物まとめ

「ついつい食べちゃう・・・」歯の黄ばみの原因になり得る食べ物まとめ

 

歯の黄ばみを原因を作る食べ物

 

食べることは人として必須なことなので、いちいち気にしてられないとお考えかもしれません。しかし歯の黄ばみの原因を作る食べ物を知っておくなら対処することができます。

 

やはり食べ物の中で色の濃いものは要注意といえます。野菜や果物ですと、トマトやホウレンソウなどは含まれている成分の中に歯の表面を荒したり、歯のエナメルをすり減らしてしまうものがありますので、着色の汚れを強めてしまうということがあります。柑橘系のフルーツやベリー系の果物なども注意が必要です。特にベリー系の果物はタンニンという成分がありますので、歯に色素が沈着する特徴を持っています。

 

 

また調味料のしょうゆ、ケチャップ、ソースなど色の濃い調味料は、含まれている保存料がエナメル質を溶かす作用を持っています。カレーライス、ビーフシチュー、キムチなども香辛料の色が歯に付いてしまうことがあります。あまり知られていないのが、ナッツ類・マッシュルームも歯の黄ばみの原因になり得るものだということです。ナッツは、含まれている脂肪分がインクや染料に使用されていたようですので、食べると同じ作用をもたらすと考えられます。マッシュルームは歯の白さを徐々に消し去る成分があります。マッシュルーム自体は白いものですのであまりイメージしにくいかもしれませんが、気を付けたいと思います。

 

多くの人に愛されているチョコレートは、ポリフェノールやカフェインを含んでいますので、歯を黄ばんだ色にしやすい特性を持っています。ついつい手を伸ばしがちですが、歯の黄ばみが気になる方は気を付けましょう。

 

 

歯の黄ばみを作る飲み物

 

よく知られているのが、コーヒーや紅茶は黄ばみの原因になるという情報です。まさしくその通りですし、他にもウーロン茶やココアなどにも、たんぱく質と結合して歯の表面にへばり付き、ステインという歯の黄ばみの原因を作り出します。普段コーヒーはよく飲む方が多いので、これだけは譲れないという思いがあると思いますが、コーヒーの着色は強めという事実を思いに留めておきたいと思います。

 

また赤ワインに含まれるタンニンは白ワインより強力で、着色しやすく、スポーツドリンクは、酸の強いものであればエナメル質を弱めることがあるので、歯にしみがつきやすくなってしまうということがあります。

 

 

まとめ

 

歯の黄ばみが気になる方は、食べ物や飲み物の特徴をよく覚えて気にしてみるといいと思います。少しの対処の仕方で歯の黄ばみから解消される場合があります。飲食においてゆっくり過ぎる食べ方は気を付けましょう。食べてる間中、ずっと口の中は酸を出し続けますので、そうなると歯の表面が溶け、汚れが付きやすく虫歯の原因ともなり得ます。

 

また酸性の飲み物を飲むときには、カルシウムを含む食べ物を一緒に摂取することで溶け出す酸を補ってくれる効果を期待できます。特に赤ワインを飲むときにチーズをおつまみとして食べることは、食べ物と飲み物の相性も抜群ですが、歯にとっても良いことをしていることになります。

 

さらにできることとして、コーヒーや紅茶などを飲むときにできる限りストローを使って飲むという方法です。ストローを使うと口の中全体に飲み物が行き渡るのを防いでくれるので、着色が付きにくくなるという効果があります。

 

いろいろあるだろうけどすべて面倒くさいと思われた方もいると思います。そういう方でもできることがあります。それは食後すぐに口をすすぐことです。口をすすぐことが難しい場面でも、水を口に含ませて全体に行きわたらせるだけでも効果が見られます。

 

 

歯が清潔な人は、それだけでも信用されるポイントの一つです。ですから是非、生活の中で気を付けて歯のきれいを保ちましょう。