【徹底検証】「プレミアムブラントゥース」の口コミは嘘ばっか!?

歯が黄色くなってしまう原因とその治療法

 

歯が黄ばんでしまうよくある原因

 

歯が黄ばむ原因で多いのが”タバコ””コーヒー””紅茶”ワイン”などの趣向品摂取に伴ったものです。

 

タバコで歯が黄ばんでしまうのは、たばこのヤニが歯の表面でステインに変化することが原因です。コーヒーや紅茶などでもステインが原因で歯は黄ばみますが、タバコに含まれるニコチンはコーヒーなどに含まれる色素よりも強く、歯に染み付くようについてしまいます。ステインは一度付いてしまうと通常の歯磨きではとれないようになってしまいます。ですからタバコによる歯の黄ばみは取り除きにくいのが特徴です。バコを吸ってる時にコーヒーの組み合わせなんて歯の黄ばみや口臭には最悪です。

 

さて、コーヒーや紅茶のステインより厄介なタバコのヤニの正体は”タール”というものです。たばこのバッケージに『タール』と書いてあるのをご覧になったことがありますか?タール、つまり植物樹脂の事を言い、松脂(マツヤニ)をイメージすればわかりやすいと思いますが、粘り気のある脂だと思って下さい。

 

 

このヤニが歯の表面にこびり付いて蓄積されると、なかなか取れない黄ばみ、黒ずみの素となります。喫煙習慣のある人は、特に歯の黄ばみに悩まされている人が多いと思います。

 

 

おすすめ治療方法!

 

ではどうしたらたばこに代表される趣向品が原因の黄ばみをとることができるでしょう?

 

まずはヤニや汚れを歯につけないこと、すなわち予防です。

 

 

予防する方法としては、タバコを吸った後やコーヒー、紅茶、ワインなどを摂取したら、うがいをするというのが簡単で効果的です。さらに歯磨きを行えばさらに効果的でしょう。特にタバコは、ヤニの成分であるニコチンやタールが歯につきやすく、黄ばみの原因となってしまうので、タバコを吸った後は水でうがいをして洗い流しましょう。

 

また、口の中が渇くと汚れが付きやすくなるため、ガムを噛んだりして唾液で口内を潤すことで、汚れの付着を防いでくれます。しかし、いくら予防しても歯が黄ばんでしまうことは避けられません。そういう場合は虫歯予防などの通常の歯磨きではなく、ホワイトニングを意識した歯のケアが必要です。審美歯科などで本格的な治療・施術をしてもらえば完璧ですが、かなりの費用と時間を必要とします。そこで、ホワイトニング歯磨きを使っての歯磨きがおすすめです。ホワイトニング用歯磨きと言っても様々な種類があるので、自分の黄ばみの原因に合った歯磨きを選ぶ必要があります。

 

 

たとえば、歯磨き粉の成分にヤニ取り効果のあるヤニに効果。

 

「ポリリン酸ナトリウム」「ポリエチレングリコール(別名マクロゴール、略称PEG)」「ポリビニルピロリドン(別名ポビドン、略称PVP)」などが含まれているもの。コーヒーや紅茶が原因の黄ばみには「ピロリン酸ナトリウム」「カルプロックス」という清掃剤が入ったもの。「ピロリン酸ナトリウム」が歯の表面から着色汚れを浮かせて落とすので、歯が白くなります。

 

「カルプロックス」は虫歯予防にも効果があるので白くなった歯を長持ちさせる効果があるでしょう。そして、歯磨きの仕方にもコツがあります。主な注意点としてはU最初にデンタフロスで歯垢を取っておく、歯磨き粉は豆粒大でOK、歯ブラシは水につけず歯磨きする、力を入れすぎず優しく磨く、磨く順番を決めて磨き漏れを無くすなど。

 

そして、磨いた後は口を軽くゆすぎ、汚れが残っていないか鏡でチェックして歯磨き終了です。さらにとっておきの裏技として、歯ブラシの代わりに”綿棒”を使うというものです。歯ブラシはいくら柔らかくても歯に傷をつけてしまう可能性は否めません。歯の傷の部分は着色しやすくなるので、歯に傷をつけないよなケアとして綿棒を使うことをお勧めします。

 

 

まとめ

 

まずは歯に汚れをつけないための予防と、汚れてしまったら原因に合った歯磨き粉によるホワイトニングを意識した歯磨きケアなど。まずは2週間?1ヶ月、歯磨き改革を行って歯が白くなるまで頑張ってみましょう。